So-net無料ブログ作成

#4 手提げバッグ① [こぎん刺し]

こぎん刺しにもそこそこ慣れてきたところで、
少し大きめの何かを作ってみようと思案しました。
手芸店には、いろいろと手作りのための部品が売ってありますから
それを見ながら、考えてみよう。。。
私は、革製品が好きなので(それならそもそも革細工をやればいいのでは?と
思う気持ちはおいておいて。。)、どうしても
革製品に目が行ってしまい、
手作りバッグに付ける革の持ち手を購入。
小さな手提げを作ることにしました。

しかも、ハンドクラフトを始めたばかりのひよこ状態でありながら、
今回作るバッグは最初から人にプレゼントすることを想定。
(こんな稚拙な技術で、人にあげるなど百年早いわ~!!! と思いながらも。。)

でも、人にあげる前提になると、
ルーズな私でも、何かと丁寧に仕上げようと気を使うらしく、
出来はいつもより良くなります。。。

マチのあるデザインのバッグが好きなのですが、私のもっているバッグの基本の作り方の本には
あまりマチありバッグの作り方は載っていないので
適当にほかのバッグの作り方を参考にして、作りました。

完成品

DSC02334b.jpg

布はコングレスの黒、糸はオリムパスこぎん糸のベージュで733番。
柄は『べこ刺しの花囲みとかちゃらず入り豆こ囲み』で、
「こぎん刺しの本 津軽の民芸刺繍」に載っている柄です。
この柄、とっても好きで、また何かに使いたいです。


こぎん刺しの本―津軽の民芸刺繍

こぎん刺しの本―津軽の民芸刺繍

  • 作者: 布芸展
  • 出版社/メーカー: 文化出版局
  • 発売日: 2009/09
  • メディア: 単行本



ちなみに裏面は『べこ刺し』と『車刺し』を組み合わせました。

DSC02337b.jpg

またまた、持ち手の位置が表と裏でズレるなどの失敗をしましたが、
一応気にならない範囲なのでセーフ!?

というわけで、義母へのプレゼントになりました。




nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。